FM-Hokkaido,ファイルメーカー
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
5月16日 3月以来のFileMakerFunNight(FUN)がAppleStoreSapporo で開催されました。

事務局としての連絡、打合せに不備があり、直前になるまで、ストアのwebサイトとFM-Hokkaidoのサイトとで公開されている日程が異なるという非常に恥ずかしいことをしてしまい多くの方にご迷惑をおかけしてしましました。大変、申し訳有りませんでした。

さてストアでのイベントとしては、3月のプラグイン開発以来となる訳ですが、今回は比較的平易な、或いは既出の内容だったかもしれませんがwebサービスと連携して動作するFileMakerProの事例紹介を事務局からさせていただきました。

今回の案件は、以前もご紹介したことがある宿泊業のシステムのバージョンアップ版のご紹介となります。

自社サーバーで運用するのであれば、fmserverをインストールした上で様々な細かい所まで対応するソリューションとして提供することも可能かもしれませんが、レンタルサーバーなどでデータベースと連動する仕組みとしてのwebとなると通常 MySQL となることが多いかと思います。そうしたケースの事例としてクラインと側に予約状況を管理するfilemakerpro(fmp)アプリケーションシステムをメンテナンスする立場としてのfilemakerPro アプリケーションと2つの異なる立場で使用しているケースをご紹介しました。

まず、クライアント側ですが提供するインターフェースとしては、webアプリケーションとしてブラウザーをメインとして使用する場合とfmpをメインとして管理する場合と2種類あります。ブラウザーを主として使う場合は比較的こうした環境に慣れているクライントであるケースが多いのですが北海道の中小規模の宿泊業だと必ずしもそうしたことに慣れている形ばかりでなかったり、ブロードバンドが整備されていなかったりといったケースもあります。そこでfmpにwebviewerを組み合わせて、インターネットを介してデータをやり取りする際に予めfmpでブラウザーに引数を与えて条件を狭めたうえでネット上の情報を表示するようにしています。そうすることで比較的ナローバンドの地域であっても軽快にネット環境でデータを管理することができるようになっています。

また、プラグインを加えてメールの受信もできるようにしたおくことで特定のメールが届いた際にスクリプトでメールを印刷させるようにしています。このことで宿側としてはファックスとして予約情報を受信していることとそれほど変わりがなくなり、不安要素が減ります。(特定のサブジェクトを持つメールを条件設定で印刷するということは、嘗て一世を風靡していたメールソフトEudoraでは標準で出来ていたのですが最近はあまりそういう機能を持ったメールソフトを見受けなくなりました。使い勝手のいい機能だとは思うのですが)

一方でシステムを管理する立場としてのfmpの使い勝手ですが、最近のfmpでは、外部データソースとしてmysqlのデータを直接いじることができるようになって非常に重宝しています。その一方で、レンタルサーバーなど直接そうしたデータアクセスを許可していることは少ないのでどうしてもwebを介したレコードの操作が主となります。どのみちデータの調整中はサイトを一時的にアクセス不可にすることが多いです。であれば、一旦mysqlのテーブルデータを一括でダウンロードしてローカルのマック上で展開し、そこに対してmysqlを使ってでもいいし、fmpを使ってでも対処することでより効率的にデータを操作して再アップして一刻も早くサイトを再公開したほうビジネスチャンスを逃す時間も短くて済みます。へたれmysqlユーザーとしては、どきどきしながらsql文を発行するよりは使い慣れたfmpで処理したほうが、精神的にも楽ですし、時間的にも早いので現在のfmpの外部データソースには助かっています。文字コードの所は注意しなければならないと思いますがが......

そんな内容をご紹介した今回のFUNな夜でした。

さて、次回以降の予定ですが、
再来月の7/11(土)に札幌チエリアで13-17時で予定しております。
内容は現在各出演者に交渉中ですので今しばらくお待ちください。またその後は、10月の秋に久しぶりの美瑛での開催を予定しております。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot