FM-Hokkaido,ファイルメーカー
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


「....最悪の場合を考えて準備しなければならないかも...」

ということを覚悟してのFileMakerDay3@AppleStoreSapporo with FM-Hokkaido 前夜でした。といのも前日である土曜日から道内はあちらこちらで天候が大荒れとなり、九州や東京からの飛行機に影響が出ておりました。前夜インで準備するはずだった東京からの方が、なんと千歳に降りれずに羽田帰り、どうなることかと思っての準備となりました。

実際札幌の方にしても、旭川からの人にしても、または道内遠方からの参加の方にしても、当日までは史上稀に見る雪の少なさで比較的楽な冬を過ごしていたと思いますが、正にこの日に限っての降雪、一体誰の行いが悪かったのでしょうか。そんなこんなで、全プレゼンテータの登場をまたずに FileMakerDay3@AppleStoreSapporo with FM-Hokkaido は始まることとなりました。

まずは、FileMakerJapan からのご参加となる、日隈(ひぐま)さんです。北海道にいる、いないにも関わらずなかなか今自分が使用しているソフトウェアのメーカーの方とお会いすることはそうそうあることではないと思います。そんな中で実際にメーカー内部にいて、開発等に関わっている方の話は、今回のバージョンアップの方向性や目的、背景を理解する上でも非常に役にたったのではないでしょうか。このあとに続くそれぞれのプレゼンテータの方の話しを全体的に俯瞰する意味でも非常に判りやすい内容だったと思います。ありがとうございました。

続いての登場はご存知”関数辞典”等での様々な書籍で”お名前”を知らない人はいないと思われる茂田さんです。茂田さんには、以前、旭川での行われたFM-Hokkaido 1周年記念Meetingでご登場していただいた以来となります。「ほぉ、あの人が茂田さんかぁ」という雰囲気がぷんぷんしている空気が伝わってきました。実際、茂田さんにはFMP10で登場した様々な新しい関数をお伝え頂いたのですが、そのプレゼン資料自身は、Apple謹製のKeynoteではなく、なんとFileMakerProでのプレゼンでした。FileMakerProファイルをベースにレコード一件一件がKeynoteの一枚一枚のスライドに相当するような表現方法で、レコードの切替えにもきちんと視覚効果も入っており思わずのけ反った参加者の反応が非常に印象的でした。いかにもFileMakerPro的な使い方のような気もします。貴重な技のご披露、丁寧な関数のご解説ありがとうございました。

続いて登場はシンさん。なんとかご本人の登場時間までには、無事にストアまで来ていただくことがてきました。シンさんと言えば、東京銀座で行われているFFNでも司会をされていたり、3年前に札幌でも開催されたFileMakerProのトレーニングコース"Stairway to Seven"の開催元としてもあり、その時にFM-Hokkaidoにもご登場いただいております。今回の話題は当然のように、「スクリプトトリガー」。FileMakerProに標準搭載されることが長らく待たれていた機能の筆頭格です。その機能自身は非常に強力で、また多岐にわたっており、なかなか使いこなすところに至るまでは相当時間がかかりそうな内容でした。ただ、この機能があれば今まで何かと苦労しながら組込んでいた仕組みを比較的簡単に実装出来そうだと思われた方も多かったと思います。まずは、簡単に使えそうなトリガー、例えば、レイアウトが変わった時にスクリプトを走らせる、というような辺りから始められるのも機能を肌で感じるにはいいのではないでしょうか。その一方でこれからFMPをと考えている方が、シンさんのプレゼンを見て、「今までよくこの機能がなくて、皆さんやってましたねぇ」という感想を持たれたのが非常に興味深かったように思います。実際、あればあったで使うんでしょうが、なければ無いなりに頑張って工夫するというのもFMPのいいところという気もします。いずれにしましても、交通機関の影響に関わらずパワフルなプレゼン、ありがとうございました。

いよいよ地元勢の登場、西野さんです。もうFM-Hokkaidoにはお馴染の方ですね。つい先日のFM-HでもPHPとFMPの連動のことで事例をご紹介いただきました。今回はFMP10のバージョンアップに関して、比較的スクリプトトリガーなどの派手な機能アップに注目が集まる中サーバー系も地味ながら強力にアップデートされているという内容のご報告です。PHPのサイトアシスタントという誰でも簡単にPHPをベースにしたサイトが公開できる機能がアップデートされていることに非常に感心しました。その一方で、IWPというもっと簡単にFMPとWEBとを連動させる機能が相変わらずADVANCED版のみに限定され、且つ値段も微妙にあがっているのは、web系の観点からすると???でしたね。サーバーの機能強化で魅力的に写ったのはサーバー側でレコードのインポートができるようになったことと、ログビューワが実装されたことでしょうか。ここらは、サーバー運用をしていくようになると非常に嬉しい機能ですね。立て続けのお願いだったにも関わらずプレゼンしていただきました、西野さん、ありがとうございました。

そして、遂に登場新居さんです。新居さんと言えば、FMPに限らず、様々な分野での書籍で非常にお世話になっている方も多いかと思います。私自身、それこそこの本なくしてはなり立たなかったという新居さんの本を沢山もっています。ver4の頃の逆引きファイルメーカープロ(この頃はカタカナ?)なんていうのはその最たるものかもしれません。最近では、Server大全でしょうか。そんな新居さんはといえば、FM-Hokkaido の第一回Meetingにご登場いただいて以来となります。あれからほぼ4年。旭川で、それこそ数人のFM好きが始めたFM-Hokakaidoがここまでくるなんて.....感無量の気持ちでした 。新居さんの内容は、本当に実践的で書籍などにはなかなか出てこないような内容が多かったように思えます。サーバープロセスをひも解いての解説やMySQLとの比較など、一体どうやってこういうのを調べるんだろうかと思える内容でした。正に、日本最高峰の方々の共演・競演という言葉に表されるような内容だったと思います。前日には4時間以上飛行機に乗っていたにも関わらず、移動距離ゼロという非常に疲れもピークのはずなのにまさしくプロフェッショナルなプレゼンありがとうございました。

このあと事務局から簡単にFMP10と9の違いなどをご紹介して、お楽しみのQAとお土産抽選会。なんとこのタイミングで、前日大入り満員だったというFM-Kyushu(九州)の大川さんと久良木(きゅうらぎ)さんにもオンラインで参加していただきました。これまでもAppleStore銀座のFFNの様子を中継したことはありましたが、九州と繋がったのは初めてでした。本来であれが、iChatAVで、九州のお二人にそのまま映像でもご登場して頂きたかったのですが、AVが相変わらずStore内ではだめだったので大川さんにはSkypeで映像とともに、久良木さんには、音声と文字情報でご参加いただきました。九州からQAのご回答をいただいたり、マル秘ドットインパクトプリンターの話題も出たり、果ては、FM-Hのラム亭さんへヨロシクなどのお声掛けがあったりと楽しいひとときだったとおもいます。大川さんと久良木さん、せっかくの休日に長時間にわたりご協力いただきありがとうございました。

また、会場にお越し頂いた方々には、SevensDoor特製の品々や、今回イベント用のTシャツ、またはFMPレアグッズなど漏れなく手にして頂けることができました。


さて、こうして悪天候の中4時間にわたって開催してきたFileMakerDayですが、終わってみれば本当にあっという間だったように思います。長時間にわたって、会場をご提供いただきましたAppleStoreの皆様、ありがとうございました。悪天候の中であったにも関わらず、遠くは厚岸や稚内より何時間も掛けてご参加いただいた皆様、ありがとうございました。週末のお忙しい中ストアにお集まりいただいた皆様、本当に感謝しております。そして、勿論、非常に貴重な内容のプレゼンをしていただいた皆様ありがとうございました。この場をお借りして改めてお礼申し上げます

このあと、ホテルにまだチェックインしていない方はチェックインし、雪祭りを観たい方は雪祭りを観に行ったり、ひとしきり休んだと18時半より懇親会へと突入いたしました。懇親会では、とてもこの場では公開できないようなことまでいろいろ楽しく、おかしく語りあえたように思います。で、日が変わるか変わらないかのころに、雪の降るすすきので北海道のラーメンを食べて、晴れて解散となりました。本当に楽しい一日でした。

皆さん、またお会いしましょうね。


前のページ
-Annex.Rep #10
コンテンツのトップ 次のページ
-FileMakerDay番外編


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot