FM-Hokkaido,ファイルメーカー FileMakerPro Users' Night @AppleStoreSapporo
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2008年9月13日 7月にアメリカのアリゾナはフェニックスで2年ぶりに行われたFileMakerDeveloperConferenceの報告会を兼ねたFileMaker Users Night(FUN)を5月以来のAppleStore札幌で開催いたしました。

今回は、北海道からの参加組として事務局からの報告と言う形を取っての報告会となりました。
デベコン自身は、参加するとFileMakerProを機軸にしてその周りのアプリケーションを開発なり、販売しているサードパーティが非常に多い事に吃驚します。特にプラグインと呼ばれる部分をメインに開発している会社もかなりの数に上ります。
また、プラグイン開発という分野だけではなく、そうしたプラグインを積極的に採用して独自のソリューションとしてビジネス展開したりしている会社も数多くあるようです。
まだまだ日本ではそうしたビジネスモデルを実践している所は多くはないかもしれませんが、ビジネスの参考にするためにもデベコンという場所は使えるかもしれません。

そんなデベコンから今回ご紹介したのは次の3つです。

fusionplugins.com
fmtouch.com
seedcode.com

最初のfusionpluginは、正に機能を拡張するプラグインの可能性をこれでもかと見せるポテンシャルを見せてくれています。Reacterというプラグイン になります。
サイトを見ていただくとサンプルもありますので、まずは、そちらをダウンロードしていただくことをお勧めします。reacterScreenShotはこちら。
webViewerをベースにした機能拡張となっています。FMの開発をしていく上で、このWebViewrは非常に大きな可能性を占めている事は、デベコンに行くたびに痛感します。いろいろな方々がこのwebViewerを使用して様々なインターフェースや、ユーザーに易しい機能を提供しています。またオリジナルなWebViewerだけでは実現できない機能もこのReacterのようなプラグインを使用することで更に大きく可能性を広げる事もできています。その最たるものはAjaxではないでしょうか。多分、今までのWebViewerではローカルのデータに対してAjax的な動きを見せる事はできなかったように思えますが、このプラグインでそれも実現出来そうです。試してみる価値は十分ありそうです。

最後はSeedCodeです。あのシードコードカレンダーでも有名な会社でデベコン常連組の方々の中ではジョンちゃんとよばれるとってもナイスガイな方が代表を務めています。先般の銀座のFFNにも急遽参加されて、その多彩な技を惜しげもなく披露されていました。
彼がホントに素晴らしいなぁと思うのは非常に高度な技がてんこ盛りになっているFMファイルをロックさせずに公開しているばかりでなく、あれだけの技や知識を持ちながらまだどん欲に向上しようとしている点です。今回デベコンで披露されていたファイルを作成する際にも、アメリカの他のデベロッパーが披露してた内容を見てヒントを得たそうですが、最初どんなスキルや技術を使って実現しているか皆目検討もつかず、素直に教えを請うたそうです。普通、有る程度名なり、功なりを遂げてしまうとなかなか人に聞く事ができなくなっていまうと思うのですが、彼はそんなこと関係なくどんどん知りたい事は聞くそうです。素晴らしい。そんな思いが沢山詰まっているSeedCodeのデモファイルを今回はご紹介しました。


今回のFUNは、随分と久しぶりに参加していただいた方もあって、非常に楽しい時間を過ごす事ができました。なかなか全ての情報をお伝えする事はできませんがお忙しい中ご参加いただいた皆様には感謝いたします。ありがとうございました。また、会場をご提供いただきましたAppleStoreの皆様、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot