FM-Hokkaido,ファイルメーカー FileMakerPro Users' Night @AppleStoreSapporo
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2008年2月23日 道内至る所で大荒れの天気の中、18時30分から札幌のアップルストアで15回目の "FM-Hokkaido Users' Night (FUN)"を開催いたしました。この日はアップルストア札幌でも話題の'MacBookAir'が即売可能状態で展示されており、多くの方々がその「軽さ」や「薄さ」に驚き、または羨望のまなざしを向けていたのではないでしょうか。
私は、早速スタッフの方にお願いしてHDDモデルとSSDモデルの起動時間を比べて見せていただきました。SSDが約30秒、HDDモデルが約60秒とたかだか30秒の違いではありますが、30秒で起動してくるというのは流石に早いですね。


さて、今回のFilemaker USers' Night はFUNには初登場となります株式会社LaPT(ラプト)さんの小賀社長です。今更LaPTさんのご紹介も必要ないかもしれませんが、アップルのサイトでも紹介されているソリューションを提供されている会社です。今回は、特別に北海道の深川市の教育機関向けに大量のMacを導入された経緯などもご紹介いただき、非常に参考になりました。ありがとうございました。

ご本人は、「FMはそれほど多くはやっていないんですけど...」とのお話でしたが、実際にご紹介いただいたソリューションの数々は非常に魅力的且つ強力なものばかりだったように写りました。リッチコンテンツ系のサイト構築も業務として多いという言葉の通り、小賀さんのご紹介いただいたソリューションには、非常に画面的にもきれいなモノが多く、まるでゲームの画面を見ているかのように感じるものもありました。また、特にこの画像のようにキャンプ場管理ソリューションでは、前日まで現場で作業をしていたような方がそのままパソコンの前に座っても操作に違和感なく入れるような仕組みが画像での表示や操作方法にまで至る所に仕込まれており、さすがは教育機関に強いLaPTさんという感じです。
また、Directerとの連携でFMのデータを表示させるにの更にcdmlを使用するというこだわりようで徹底的に画面の一体感、統一感に齟齬を感じさせない作りはただただ感心するしかないという思いです。]今回各種ソリューションがWINDOWS用だったということもあり、小賀さんのPOWERBOOKの上のVIRTUALPCの上で実行されていました。最後の質疑応答がこうした仮想環境の話題も出ていたのはご愛嬌というところでしょう。サーバー管理から始まって、flashでのリッチコンテンツ制作、自治体のヘルプセンターへの人材提供とその活動の幅が非常に広いLaPTさんにはこれからも時々ご協力いただければ、より多様な話題の提供がFM-Hokaidoの場でもできるんではないかなぁと感じております。その時はよろしくお願いします。
また、終了後の懇親会では、ストアにほど近いちゃんこ屋さんでおいしい鴨肉を食したのですが、その場では小賀さんを中心に様々な教育系の話題でも盛り上がりました。

最後になりましたが、いつもの事とは言え、遅くまで場を提供していただきましたアップルストア札幌の皆様ありがとうございました。そしてとんでもない悪天候の中お集まりいただいた皆さんありがとうございました。何より非常に有意義な話題を提供いただきました、小賀さん。ありがとうございました。


では、また次回どこかでお会いしましょう。

追伸
皆さんにご心配をおかけしました私の旭川への帰還ですが、あの大荒れ天候にものの見事にはまりました。
22時の列車に乗ったのですが、各駅停車状態で02時を過ぎても岩見沢にすら着けない状態。旭川にはしっかり陽が出てからの到着となりました。ナガーイ列車の旅となりました。



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot