FM-Hokkaido,ファイルメーカー FileMakerPro Users' Night @AppleStoreSapporo
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


2008年1月26日 18時30分から札幌のアップルストアで14回目の,
そして08年初の "FM-Hokkaido Users' Night (FUN)"を開催いたしました。
今回は、この定例イベントの後に札幌の奥座敷「定山渓」でのfm all nigrhtが控えているため、内容としては比較的軽めに「私はこれでFMを勉強したネタ」として開催いたしました。

まずは、事務局側からということで、最近図らずもその閉鎖が公になった所謂「本家ML」をいかにして利用してきたかをご紹介しました。
私は日常的にこのMLのデータをFMの中に取り込んで利用しています。検索しやすいのと、自分でなんらかの追加情報を付加することができる理由からです。本来であれば、もらった情報以上に発信して貢献しなければならないのでしょうが、実力不足のせいもあってひたすらにROMでの利用に終始しました。
あとは、ナツメ社の「ファイルメーカーPro2.1 ハンドブック」です。
これは、東京に住んでいた頃に行き帰りの地下鉄の中でずいぶんと読みふけった覚えがあります。確か3.0版も持っていたとは思うのですが、手垢 がついているのは2.1のほうです。

続いて紹介いただいたのが、札幌の認定デベロッパーの西野さん。西野さんは、まずは何はともあれ、人のファイルのソースを見て見て見まくる...という方法をご紹介いただきました。
ファイルメーカー社のサイトなどでもたくさんのチュートリアルファイルやサンプルファイルが出ていますので、そうしたファイルを見ながら、テーブルの構成の仕方、名前の付け方、スクリプトの書き方など、非常に参考になるとおっしゃておりました。実際にFM-Hokkaidoでほかの方がスクリプトなどの紹介をされているときには、画面を食い入るように見つめていますので、このような時でも何しろソースを確認されるのだと思います。

最後は、厚岸の乙崎さん。来年ひいては、数年の後にはDevConへ参加するとの決意をもたれているほどの人材ですが、以外とFM歴は短くまだ数えるほどとか。しかしながらその作成したファイルの数々は恐ろしい程の数となっており、乙崎さんのパソコンには夥しいFMファイルが蓄積されているそうです。ご本人は、SevensDoorさんやFM-Hokkaidoのおかげでとおっしゃっていましたたが、私が思うに数をこなすというのも非常に大きな要素なんではないかなと思っています。結構、経験値がものを言う分野だったりするかもしれませんし。

そんな感じで前半部分であるAppleStore でのイベントは終了し、一路定山渓へと向かいます。
(今回も会場をご提供いただきましたAppleStoreSappro さん、ありがとうございました。また、次回の下見かと思いますが、お忙しい中ご参加いただいた小賀さん、ありがとうございました。次回、よろしくお願いしますね)

なんと札幌近郊では、当日を含めてこの3日間で1mレベルの積雪があり、至る所雪山ばかりでした。旭川や美瑛はなんともなかったのでその較差にびっくりです。本来であれば1時間もかからずに生ける距離だとは思いますが、この日はどの車もゆっくりで大幅に遅刻しての宿に到着でした。

22時半頃から始まったFM-All-night は、事務局側からのPHPとの接続デモから始まって、話題はあちらこちらに飛び、それぞれのノウハウや疑問の交歓会となりました。本来であれば、写真を撮らなければいけなかったのですが、完全に一人の参加者になってしまい写真は全くありません。すみません。ただ、皆さん就寝は確か04時頃だったと思います。ずいぶんと頑張りました。ご参加いただいた皆さん、会場をご紹介いただいた佐竹さん、車を提供いただいた皆さん、ありがとうございました。

なお、厚岸の乙崎さんから以下の内容の訂正をいただいておりますのでご紹介します。
引用:
昨日ご紹介したプラグインのHPです。
どうもよく見るとどちらもMAC用でWin非対応のような感じですね。

・カスタム関数を別ファイルへコピペ
 Clip Manager 2
 Mac OS X用でした。(6,000円くらいでしょうか…?)
サイト

・リレーションシップ上のTOを検索して捕まえる。
 Occarence Selector
 これもMac OS X用でした。(Freeみたいで?)
サイト



その場で話も出ましたが、昨年の「 in 音更(帯広)」今年の「 in 定山渓(札幌)」に引き続いて、是非次回は「FM-Hokkaido in 函館」を成功させましょう。五十嵐さん、よろしくお願いしますね

最後はお約束の記念写真。そんなに寒くはなさそうですね。


これからもこうした集いはニーズがあるかぎり続けていきたいと思っています。ファイルメーカーが好きな方も、こらから好きになる方(?)も、気になっている方もぜひお集りください。

では、また次回どこかでお会いしましょう。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot