FM-Hokkaido,ファイルメーカー FM-Hokkaido,FileMakerPro,ファイルメーカー,丸美が丘温泉,音更町
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
去る2007年1月20日 16時からFM-Hokkaidoとしては初の帯広エリアラリージャパンで有名な帯広市に隣接する音更町にて第9回目のUser's Meeting "FM-Hokkaido"を開催いたしました。 真冬の北海道ですので当日の天候に依っては参加したくとも参加できないというような状況すら考えられましたが、日頃の行いのせいか非常に転向もよく、真っ白な雪と青空のもとで道内各地から帯広エリアに集結してもらうことができました。 帯広エリア開催ということもあり、近郊は池田町、幕別町、遠くは札幌や厚岸といった、札幌エリア、旭川エリアではなかなか簡単には参加できない方々にも比較的気楽に参加していただけたように思います。 内容といたしましては、12月の上旬に札幌のアップルストアで行われた有限会社サポーターズの稲村さんの「データ分離モデル」について、より実践的な内容を紹介していただきました。また、そのあとを引き継いで事務局より、既に作ってしまっているモデルをなるべく手間をかけずに分離モデルに移行する方法をご紹介いたしました。 また、土地柄なのか、FileMakerの使用される環境の一般的な状況なのか、全参加者の約30%が医療系の業務に従事されている方々ということもあり、通常発表のあとの質疑応答やその後の何でも質問コーナーでは、業務に使われる画面等で実際にデモしながら、医療系の言葉がとびかっておりました。 ver6までの内容あり、win,macの内容ありと非常に濃い内容で時間はあっと言う間に日付も超えて気づけば2時くらいまで。 翌日の仕事を抱えていらっしゃる方はそのままパソコンを抱えて凍った道をご帰宅されていきました。 FM-Hokkaidoとしては、初めての1泊Meetingだった訳ですが、時間を気にせずにとことん疑問点を解決できるこうした環境は、年に1回くらいならいいなぁと感じております。 今回、この温泉ホテルを手配し、様々な準備をしていただきました井上さんを始め帯広エリアの方々には心より感謝いたします。 また、遠くより、そして業務の合間をぬって参加していただきました皆様にもお礼申し上げたいと思います。 今後ともFM-Hokkaidoをよろしくお願いいたします。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot