FM-Hokkaido,ファイルメーカー 第7回 FM-Hokkaido Meetingを開催
 
メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

ご報告が大変遅れてしまい申し訳ありません。
おまけにどうしても、当日の写真が殆ど見つからず....。
OSX10.5の新機能、TimeMaschineが欲しい。

去る2006年7月22日 16時から19時に今回も「丘のまち」で有名な美瑛町にてFM-Hokkaidoを開催いたしました。

内容が久しぶりのWebネタで、札幌方面からも沢山のご参加を頂きました。中にはそのまま、美瑛に宿泊されてしまった方もいらっしゃたようで。時期的に観光シーズンでもありましたのでご苦労をされたようです。
また、飛び込みではありましたが、愛知県からのご参加もいただきました。ありがとうございます。

さて今回は、FM-Hokkaidoのメンバーである帯広のI氏から、「帯広の達人が公開する秘伝〜FM8を使ってカスタムウェブ公開〜」と題して、非常に技術的な話をして頂きました。

参加された方々の中には、現在 CDMLで公開されている方がいて、その内容をいかに移行したらいいかの疑問を持ってこられてい足り、これからFM8を使用してどう公開したらいいのかを実際にお聞きになられていたりしていました。

実際にxml/xsltを0から書き上げるのではなく、FMserverAdvancedに付属しているWeb公開ツールを使用してまずは最初のソースをシステムで書いてもらえれば、あとはそこから不必要な部分を消していけばいいとの、非常に実践的な話も出ていました。感覚的には、HomePageProでFmをWeb公開する為のhtmlソースを書いてもらっていた感じのように見えます。

実際に氏が所属する会社では、このシステムを僅か数週間で稼働まで持っていったということですから、非常に完成度の高いシステムと言えるかもしれません。


第二部では、実際に持ち寄ったトラブル(今回はいかに、アンケートを効率よくまとめるかという問題でした)に関する回答集を、それぞれが持ち寄り結果として様々な解決方法があるのだなと感心できました。


二部では、前回のオオバカナコさんに引き続き、黒間 如人 (クロマニョンジン)なるネタも公開され、改めてFMの懐の深さが実感できたのではないでしょうか。

恒例の第三部では、人数こそしぼられましたが、更にMacネタ もちりばめながら時間のたつのを忘れて盛り上がったFM-Hでした。

最後になりましたが、今回も遠くから、近くからお忙しい中お集りいただきありがとうございました。
次回は9月の末を予定しておりますので、またのご参加をお待ちしております。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
powered by xoops theme by dezinedepot