メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
遥かなるDevConへの道 
ようこそ 遥かなるDevConへの道 このページでは、よくある質問とその質問に対する回答集を掲載しています。どうすればいいのかわからないといった疑問や、すでにご存じのFAQをお持ちでしたら、お気軽に投稿してください。各FAQに対して自由にコメントも追加できますので、お気軽にコメントを投稿してください。
 カテゴリ一覧
以下はカテゴリとそのサブカテゴリの一覧です。 見たいFAQがあるカテゴリを選択してください。
カテゴリ FAQ 最新FAQ
 DevConについて
毎年アメリカで行われているファイルメーカーおたくの祭典"Developers Conference"について、参加方法から、参加までの道のり、現地での行動、などなど、過去数年に渡って参加してきた経験をなるべく系統だってまとめてお伝えします。なお、あくまで個人の経験に基づいていますので、その点はご了承ください。
40
カテゴリの編集 英語 DevConはアメリカで行われますから、当然英語です。その英語をどうにかするためのメモ
4 名刺について
カテゴリの編集 参加登録 DevConに参加するまでの手続きなど
4 申込サイトが変わった?
カテゴリの編集 服装 会場や現地での服装について
3 サンフランシコの場合は.....
カテゴリの編集 セッションへの参加 同時に3−4コースが開催されるセッションに効率よく参加するために
6 iPadはセッション参加のための最強ツールとなるか?
カテゴリの編集 その他 その他のもろもろ
7 リボンがない!
カテゴリの編集 過去の帰国途上での備忘録的メモ 帰国の途上で書込んだメモ
5 2年目の参加のあとで感じたこと(DevCon05感想)
カテゴリの編集 持っていく通貨 通貨についてのあれこれ
2 よく使う紙幣はどれか?
カテゴリの編集 ホテルについて 問題は滞在先をどうするか....高くても会場のホテルか、遠くても安いホテルか
2 ルームシェアはいい感じ
カテゴリの編集 食事について デベコン中の食事の時間帯....有効に使うとかなり効果的
3 食事の時間帯は友人、知人を作るにはもってこい
カテゴリの編集 道中〜デベコン期間前後 参加道中からデベコン直前、直後について
4 北海道からの参加

 最新のFAQ一覧
以下は掲載されている最新FAQの一覧です。
« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »
回答者: Arg 掲載日時: 19-Aug-2009 15:52 (1472 回閲覧)
お昼に限らずですが日本人から見ると、アメリカ人なり欧米人はみんなグループで来ていて、普通に仲良く、仲間内で食事をしているように思えますが。かなりの数のヒトが、1人で来ています(ようです)。ちょっと話しを始めることでその後すごく仲良くなったり、相互の知りあいが相互に仲良くなって大きくなっていくこともありますので、まずは、一言声をこちらから掛けることから始めてみるといいんでは。

ちなみに、僕は今年('09)のデフコンに始まる前にサンフランシコの友人の所に2泊させて貰ったんですがその彼とは、6年前のアリゾナのデフコンのパーティで会って依頼の友人です。毎年、デフコンでしか会いませんが、それでも必ず会うので随分と親しくなりました。お互いその6年前が初めての参加だったので余計かもしれません。

ですので、今年は実際のデフコンが始まる前からfilemaker談義で2日間いろいろ話しましたので、非常に実り多いデフコンとなりました。彼はSF在住なので、在住者にしか連れていってもらえないような場所もいろいろと紹介してもらい、大満足のサンフランシコです。


その他 ]
回答者: Arg 掲載日時: 19-Aug-2009 15:49 (640 回閲覧)
3年ほど前から、日本で使用しているAU携帯のSIMカードをアメリカ現地では、初代iPhoneに入れて日本からの電話受信用に使用しつつ、現地での電話としても使用していました。まぁ、日本からの連絡には全く問題ないのですが、こっちで知りあった現地のデベロッパーさんと連絡をとるのにいちいち国際電話をかけてもらうのもどうかと思ってました。
そこで昨年(’08)に教えてもらった、AT&TのプリペイドSIMカードを試してみました。既日本の通販でアメリカで使用可能な2バンド携帯を10000円程で買って持っているので、25$のカードを買うだけです。この金額自身は25 $ を最低に上はどこまであるのか知りませんが、有効期限が3ケ月あるので現地連絡で使う分には十分です。もし不足になったらweb上で追加もできます。一回電話をする度に、AT&TからSMSで、今の通話はいくら、残りはいくらと通知がくるので安心して使えます。このSMSのおかげで現地の人と、パーティ中なんかも連絡を取り合って一緒のテーブルに座る事もできましたから、25$は結構お得では無いでしょうか。


回答者: Arg 掲載日時: 19-Aug-2009 15:41 (945 回閲覧)
今回は、札幌千歳から直接の海外渡航となりました。使ったのはeva air で、行きは札幌を16時、帰りはサンフランシコを02時という時間の飛行機です。個人的には例えマイルが溜まらなくとも、あの食事内容と機材の充実とサービスであればこれからもevaを使いたいなぁと思う次第です。おまけに、成田や名古屋、関西に行かずにいきなり海外に出る事ができるのは手続き的にも、行程的にもとっても楽です。おまけに食事も一回多いし。ちなみ今回 札幌ー台湾は、ビジネス用じゃないの?という位の立派な座席を利用できたり、帰りのサンフランシコから台湾は、CAさんの前という足を投げ出せる座席だったので、12時間の長旅も全く気になりませんでした。


(追記:実際に台北ー千歳間は、長距離でビジネス用に使う座席でした)

一番長く感じるのは、千歳から美瑛までですねぇ。


回答者: Arg 掲載日時: 19-Aug-2009 15:34 (632 回閲覧)
昼食時間帯は訳1時間半ほどあるのですが、FileMakerInc で実際に開発に携わっているヒトも普通に一緒に昼食をとっているので、うまく座席を見つけて日頃の疑問をぶつけると思わぬ結果が返ってきて本当に有意義に時間が使えます。Incの人たちは、みんな同じように旨にFileMakerIncと書かれたTシャツなりポロシャツを着ていますから判るとは思いますが、社長のドミニクさんを始めとして余りにも普通に溶け込んでしまっているのでもしかしたら気付かないかも知れません。バイキングで珈琲を入れていたら隣が社長だったり、クリムさんだったなんてこともしょっちゅうです。そんな時は日本人の感覚はさっさと捨てて、厚かましいくらいにヒトをかき分けてでも握手なり、挨拶をしておくと2回目、3回目に会ったときも判って貰えますのでお得です。こっちの人たちは、勿論英語ですが、決して誰もが流ちょうな英語をしゃべる事ができるとは、そもそも思っていない(ように思えます)ので、ガンガン行きましょう。今回は、最終日のお昼に運良くIncのジョンさん(最終セッションのunder the hoodを担当)と一緒の席になったので、それまでずっと判らなかったサーバーの問題をいろいろ聞く事できました。そしたら、なんとその後のセッションの内容でも紹介されていました...結構嬉しいもんですね。


回答者: Arg 掲載日時: 19-Aug-2009 15:29 (957 回閲覧)
現地では驚くほど、1ドル紙幣を使いました。バスに乗るのも2ドルとか、1ドル75とかなので、細かい紙幣こそ重宝します。逆に20ドル紙幣とかましてや100ドル紙幣なんてめったに使わないので(そういうときはカード)、1ドルを中心に持っているととっても便利です。またカードに関して言うと、今年は何ヶ所かでクレジットカードとともに、IDの提示を求められました。基本は不正利用の防止の様ですが、写真付きのIDカードがあれば良いようです。日本からだとパスポートか運転免許証でしょうか。中には写真つきのクレジットカードもあるようですから、そうした場合は提示は求められる事はないかもしれません。
ちなみに今回提示を求められたのは2回で、うち、一回はなくてもOKでしたがもう一回は使えず、現金で支払ました。海外旅行中は常にパスポートを携帯の事という外務省の心得を守っていればこんなことにはならなかったんですが....。


« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »
powered by xoops theme by dezinedepot