メインメニュー
About FM-Hokkaido
FM-Hokkaido Report
Amazon 検索
アマゾンのFMな紹介
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 カテゴリ
このカテゴリ関連の情報
カテゴリ FAQ 最新FAQ
 英語
DevConはアメリカで行われますから、当然英語です。その英語をどうにかするためのメモ
4 名刺について

 FAQ
以下はカテゴリ内に掲載されているFAQです。
英語 ]
回答者: Arg 掲載日時: 30-May-2007 00:06 (1022 回閲覧)
個人的に、日常的にiPodに映画を英語字幕で入れて暇な時にみています。
成田からアメリカにう飛ぶ飛行機の中ではひたすら英語映画を見続けます。
またアメリカに入ってからは通常のテレビ番組も英語字幕付きで見ます。2日ほどたつと耳が急速に英語耳になってくるのを感じます。

最初の年は、DevConが終わってからちょっと旅行をして帰国したのですが、この方法だと日本にかえってくる頃が一番英語に慣れるので勿体なく、2年目からはDevConに入る前に少し旅行をするようにしています。こうすると結果的にDevCon最中が最も英語に慣れるので非常に楽です。この方法で、当初5年計画だった、DevConセッション内での英語による質問を3年目で実現できました。


英語 ]
回答者: Arg 掲載日時: 29-May-2007 23:54 (810 回閲覧)
正直な所、簡単な英語ではないと思います。どうしても一方的にしゃべることが多いですし、興奮すると早口になる人もたくさんいます。ただ、みんがみんなそうではありません。ちなみにここでfilemaker関連の英語を聞くことができます。filemakerの英語ネタとしてのFM
渡米前には、FileMakerを英語モードで起動してメニューや用語の英語表現になれておくと理解も早いです。ちなみに初年度、いわゆるポータルが英語では「ポーロー」と聞こえていてしばらく理解できませんでした。

DevCon中の休み時間や昼食時、レセプションなどでは同じ席に座ったりすれば普通にしゃべることもできます。そうした時は日常会話ができれば問題ないでしょう。最初の年は難しいかもしれませんが、何年かの計画で理解することを目標にするのもいいかもしれません。


英語 ]
回答者: Arg 掲載日時: 30-May-2007 00:12 (893 回閲覧)
日常的に英語を勉強するのはつらいことは多いので、FileMaker Magazineを購読しています。これは、DevConを主催しているところが出している雑誌で、FM界でも非常に有名な方々がいろいろ記事を書いています。
ただ単に英語を語学として勉強するのだと大変ですが、この本を教材として使って結果的に英語の勉強もできると考えれば、FMの技術の取得にもなるし、英語の勉強にもなるし、まさに一石二鳥です。

ちなみに現地では、デベコンは ”"フコン って感じに聞こえます。....僕だけかも


英語 ]
回答者: Arg 掲載日時: 12-Jun-2007 11:14 (1784 回閲覧)
名刺は何よりたくさん持っていくべし。
基本は裏面なり表面なりに英語表記で書かれているのがベストだと思います。日本語の文字は結構欧米系の方々には興味があるらしくお土産代わりにもらわれたりすることもありました(デベコンに限らず)。朝食、昼食、休憩時間などあらゆるタイミングで周りに話しかけていると名刺などはホントに飛ぶようになくなりますので(僕だけ?)、数あることに越したことはないと思います。
また、デベコン会場と併設して展開されている様々なデベロッパーさんたちのブースでは名刺を入れると景品をもらえたり、デベコン特価で買うときにいちいち名前やアドレスを各必要がないのでこちらでも有効です。

どうしても発音にギャップがありますので、名刺は英語表記のあるものを持っていった方がいいと思います。


powered by xoops theme by dezinedepot